当社取り扱っているイタリア製ウール生地如何でしょうか~

公開日: : 最終更新日:2018/12/04 生地のこと

OEM部 小野寺です。

先日の社内合同研修にて
各営業は何かの達人になりましょうとのことにて
ウールの達人になると大風呂敷広げてしまい。
後悔してる日々です。
冗談はさておき。本気かも?

今回は機会があり日本製の最高級スーツ、ジャケットを現在手掛けていますので
ウールのスーツ、ジャケットのITALY生地についてです。
さて今当社スーツ、ジャケットに使用してる生地ですが
CANONICO,LoroPiana等ITALY製を使っています。

この生地何が良いかと言うと
色合い、風合いが抜群に良く
スーツ、ジャケットを作った際の仕立て栄えが抜群です。
この生地何が違うの?
染色方法もですが織機(織り方)が違います。←これは機会があればまた詳しく。

本日はここからが本題です。
スーツ、ジャケットに良く
SUPER100’Sとか120’Sと記載されてますが。
これはいったい何なの?と思ったことありませんか。
このITALY生地もですが
ブログ写真

これもSUPER’120と記載されてます。
通常はSUPER100’S~スタートで150’Sぐらいまでです。
SUPER100’Sで18.5ミクロンにて10刻みにて0.5ミクロンずつ細くなります。
SUPER150’Sで16ミクロンです。
通常は100’S~120’Sぐらいを良く使っていて
120’Sだと
お!なかなかいい生地だね。と言われます。
120’Sぐらいまでが縫製も比較的しやすく
生地も比較的シワになりづらく
スーツ、ジャケットには最適です。

なぜそれなのにSUPER150’Sになるのか?
それは求める人が居るからです。
この生地に関してのデメリットですが
生地が薄く、縫製がかなり難しい(縫製を綺麗に出来る所がなかなか無い)
強度が通常の120’Sぐらいよりも弱い。
シワになりやすい。
生地が凄く高い。

それなのにのメリット
軽い
まず着た際の納まりが全く違う、着たら分かる着心地が良い。
おしゃれで、かっこいい。
わかるなこいつと思われる。

具体的ではない例もありますが
デメリットもありますがとにかくいい製品です。
お金のある方は一度着てみてください。

当社でも2016SS
LoroPiana
SUPER150’S生地輸入11月にて2月納品にて
お客様の春向けのスーツをお受けしてます。

では最後に宣伝もいたしましたので
本日はここまでで!

The following two tabs change content below.
Avatar photo

小野寺良彦

テキスタイル・製品営業部 部長株式会社クロップオザキ
生地&布帛製品生産をやってます小野寺です。
特にインポート素材には詳しいです。
生地に関して布帛製品に関してお困りの際はご相談下さい。
Avatar photo

最新記事 by 小野寺良彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

関連記事


Warning: A non-numeric value encountered in /home/cropozaki/cropozaki.com/public_html/blog/wp-includes/media.php on line 457

Warning: A non-numeric value encountered in /home/cropozaki/cropozaki.com/public_html/blog/wp-includes/media.php on line 467
ハンドメイドで服作りをする人に人気の6月の新作テキスタイル

ハンドメイドで服作りをする人に人気の6月の新作テキスタイル

TAKIZAWA 続きを見る
PAGE TOP ↑