芯地 Part2~接着トラブルの多い生地タイプ別の芯地選定のポイントと注意点~

こんにちは~芯地アドバイザーの小島です。

前回のブログは読んでいただけましたでしょうか?
前回は基本的な芯地の役割と種類について紹介いたしました。

その時のお話はこちらから↓

芯地Part1~役割と種類について~

是非そちらをご確認していただいてから、今日のPart2の世界へお越しくださいませ。(笑)

今日は皆さんがいちばん知りたい芯地の選定のポイントトラブルにならないための注意点についてお話します。

使用生地別芯地の選定のポイントと注意点

まず最初にお伝えしたいのは、芯地の選定には特に正解がなく、個人のお好みですので、今回ここで推奨するタイプは、あくまで例として参考に捉えてくださいませ。
一般論であり、私の主観的なお勧めです。
そして生地との相性(風合い)に関しましても、使用箇所や芯地の用途によって選定する風合いも変わります。その辺をご理解して頂きながら、ご参考にして頂けますと幸いです。

今回は、基本的に大きい面積のフロント見返し向けの芯地の選定についてお話してまいります。

コートはいろいろなところに芯地を使用



接着が難しい高密度タイプの特殊合繊生地向け

これは本当に厄介なタイプで、悩まれている方が多いと思います。
この場合、接着力が取れる専用の芯地があります。
そして、あらかじめ普通の合繊生地か、特殊加工をしてある生地かを把握している事が肝心です。

まず、普通の合繊生地であれば、その生地の薄さがポイントです。
生地が非常薄ければ、樹脂のポイント数が多い、細かい樹脂の乗っている芯地を選ぶのが良いです。
但し、注意点として、樹脂が細かくなると接着面が小さくなり、接着力は出にくくなります。

必ず接着テストにて接着力を確認してください。この時、経時変化において接着力のダウンも起きやすいので、接着力の継時変化を合わせて確認してください。

特殊加工が施されている生地の場合は、ウレタン樹脂(通常はポリアミド樹脂)の付いている芯地を選びます。樹脂が柔らかく、樹脂当たりも出にくくなります(表面がボツボツ出る現象)。

極薄ジョーゼット生地向け

これも難しい芯地選びです。
選択を間違えると樹脂のシミ出しや基布写り、モアレ現象等の多くの問題が発生し兼ねません。

薄い生地を使うブラウスの芯地選びは慎重に

この場合、モアレになりにくい朱子織タイプの芯地を使用したり、仮接着樹脂の芯地をつったりすることで回避します。
完全接着の芯地を選択するなら、樹脂の細かいものや樹脂のキラつき防止で黒樹脂のあるものを選ぶのもお勧めです(但し黒樹脂は、白樹脂より接着力が落ちる場合あり)。
それでもシミ出す場合は、フラシ芯で対応します。

いずれにせよ、これも必ず接着テストを行い、表面を見て確認する必要があります。

接着試験の結果



天然素材生地(麻、毛、綿)向け

天然素材の特性は水分を吸収したり発散したりすることです。それを踏まえて選定していきます。
熱(プレス)、タンブラー乾燥での寸法変化が起こったり、雨や湿度などでの伸縮したりするため、なるべく追従する繊維でナイロン、綿、毛、レ-ヨン等の組成のある芯地を選んでいくのが望ましいです。
ポリエステルなら編物、緯糸挿入のあるニット芯複合芯朱子織などを選びます。

まったく追従しない芯を選んでしまうとカ-ルしてはねてしまったりします。

毛足の長い冬物生地向け

毛足が長い生地は、樹脂が生地の上部(毛先)だけ付いてしまうことがあります。そうすると芯地が剥離しやすくなります。
それを避けるために、大きい樹脂で、生地の根本である土台にきちんと接着強度を取れる芯地を選択します。
逆に細かい樹脂ですと、冒頭の毛先だけに付いてしまう可能性が高いです。

接着試験で毛先だけでなく土台にきちんと接着できているかどうか確認してください。



まとめ

今回は芯地の接着トラブルが多い4素材だけを取り上げてみましたが、それだけでもいろいろな芯地選定ポイントがあります。

本当に芯地は奥が深いのです!!

注意点からの選定だけでなく、時代時代で流行するフォルムによっても、芯地の選定は変わります。最近は80年代風の洋服が流行っていますので、フォルムもややしっかりめになってきていて、しっかりした芯地を使うケースが増えています。
また、ウェストのベルト部分に使うインベル芯使用も復活し、ウエストを意識させているものが多くみられます。

 

まだまだアイテムや生地によって様々な選定ポイントをご紹介したいところですが、今回は接着トラブルの多い難しい生地のみの紹介になりました。
もしご要望が多数ございましたらPart3も作成致します〜!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

お問い合わせはこちらから

The following two tabs change content below.
小島千夏子
芯地アドバイザーの小島です。
お客様のファッションテイストに合いそうなファッション資材をお届けして、気が付けばキャリア20年以上になっていました!
衣料製品全体のことも理解できるよう、繊維製品品質管理士(TES)の資格取得しました。ファッション資材と衣料製品ともに安全&安心をお届けしたいと日々頑張っています!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket