キルティングについて~中綿・スパンボンド、柄の種類~

こんにちは、テキスタイルOEM担当の岡です。今日は花散らしの雨です。お花見はもうお済みでしょうか?

前回のブログでは、キルトとは何か、最近人気の縫わないキルティング、シームレスダウンについてののお話をしました。

前回に引き続きキルティングについてのお話ですが、今回はキルトを構成する中綿、スパンボンド、そしてステッチの柄について紹介します。

 

中綿について

キルトは板状の中綿(なかわた)で厚みを選択して、生地とスパンボンドと一緒にキルティングします。

中綿の厚みは平方メートルあたりのグラム数で表示され、そのグラム数で厚さが変わ理、使用したい厚さを選びます。メーカーによって展開している規格が違いますが、キルティングとして使用する場合、40g120gくらいのものがよく使われます。

40g/㎡の中綿

 

80g/㎡の中綿

120g/㎡の中綿

近年、環境保護に対する意識が高いアパレルメーカーや一般消費者が増えていて、ダウンの代替えとして、機能付きの中綿の問い合わせも増えています。

詳しくは、以前の中綿についての記事をご覧下さい。

機能付き中綿は、断熱、保温性、軽量性、撥水性、通気性、収納性に優れています。アメリカ国軍の要請で開発されたプリマロフト、3M社のシンサレートなどが特に知名度が高く、聞きお覚えがあるのではないでしょうか。

また、アウトドア、スポーツ系テイストの流行でストレッチ素材の製品が増えています。弊社でも速乾・発熱機能のストレッチ中綿を開発中です。

 

スパンボンド(不織布)について

キルティング加工後に生地から中綿が出てこないように、生地と中綿の間にスパンボンド(不織布)を挟んでステッチをかけます。

スパンボンド(不織布)とは字のごとく、織らない生地です。様々な製法がありますが、例として、繊維をランダムに重ね、接着剤で固めてシート状にします。縦横に糸を使って作る布とは違うので、寸法安定性に優れ、安価に大量生産が可能です。衣料品だけではなく、自動車、建設・土木、医療等様々な分野で使用されています。身近なものではマスクに使われています。

織っていないので生地の織り目との間に隙間がなくなり、中綿が出てくるのを防ぐことができます。

 

柄について

日本国内でキルト柄を指定する場合、柄見本から選びます。何十種類もあり、柄を選ぶのに迷ってしまいます。

 

 

 

もちろんこだわりのオリジナルデザインのキルトも作成可能です。定番のダイヤ柄キルトに加え、最近はオニオン(ひょうたん)キルトのお問い合わせが増えています。

オニオン(ひょうたん)柄キルト

変わった柄のキルトも、他製品との差別化に良いですね。

変わった柄のキルト(コンピューターミシンキルト)

まとめ

今回のブログでは、キルティングで使用されている、中綿・スパンボンド、またキルティングの柄についてお話させて頂きました。キルトはその組み合わせによりいろいろな表現が可能な上、中綿により機能性も出すことができます。この秋冬物のデザインに取り入れてみてはいかがでしょうか。

キルティングについてのお問い合わせはこちら

 

〜付属の勉強会のお知らせ〜

4月25日(木)19時~21時、クロップオザキの付属勉強会【裏地・キルト編】が行われます。アパレル系の学生様、これからブランドを立ち上げる方、どなたでもお気軽にご参加下さい。

付属勉強会の様子

付属勉強会お申し込みはこちらから

The following two tabs change content below.
岡善一

岡善一

テキスタイル・製品営業部 OEM課株式会社クロップオザキ
ダウン製品アドバイザーの岡です。
クロップオザキに入社して7年目。メンズ布帛製品を中心に営業しています。
最近、ダウンジャケットなどダウン製品に力を注いでいます。
週末はもっぱらサーフィンを楽しんでいます!よろしくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket