機能性裏地の紹介~秋冬編~

洋服の付加価値として需要が増している機能付き裏地ですが、近年ではその機能が多様化してきました。帯電防止や制電、吸汗速乾、防臭、接触冷感、蓄熱、吸湿発熱、ストレッチやUVカット、防風などなど。
洋服を選ぶ上でも重要なファクターとなってきました。

今回はFW(秋冬)編ということで、温度の変化や寒さ対策に有効な代表的な機能裏地を機能別に紹介していきます。

高い保温性と制電性を併せもつ裏地

ソーラーセンサーは高い保温性と制電性を併せ持つ素材です。繊維の中に練り込まれた炭素系粒子が太陽光を熱変換し高い保温性を保ちます。
また、生地に編み込まれた制電糸が衣服に発生した静電気を空気中にコロナ放電することでまとわりつきや、パチパチを抑えます。

主な商品:T126SL、T227SL

ソーラーセンサー



温度変化に対応する機能をもつ裏地

アウトラストは暑い時は熱を吸収して肌の表面温度を下げ、逆に寒い時は熱を放出して肌の表面温度を上げてくれる機能を持っています。

この温度調節機能は2〜30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックスの働きによるもので、体からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出します。
暑すぎず、寒すぎない、人間がいちばん快適だと感じる温度(31℃〜33℃)をキープしようと働きかけます。アウターや、アウトドア関連の中綿としても商品化されています。

アウトラストメッシュ

赤外線を吸収し発熱する効果をもつ裏地

フィールサーモは、赤外線吸収ポリエステル蓄熱フィラメント「フレサーモ®」を使用したテキスタイルです。

赤外線を吸収・変換して発熱する効果を促進するポリエステル素材です。複合紡糸技術と混練技術を駆使した芯鞘構造型フィラメントを使用し、芯部に赤外線を吸収する特殊ポリマーを練り込んでいます。
赤外線を吸収・変換することによる発熱効果によって衣服内温度の上昇を促進する防寒機能素材です。

主な商品 :FT200、FT800

フィールサーモ



太陽光を吸収し熱エネルギーに変換する裏地

サーモトロンは繊維1本1本に炭化ジルコミウムのミクロ粒子が練りこまれた素材で、太陽光を吸収し、熱エネルギーに変換する機能を持ちます。
また、炭化ジルコミウムは波長の長い遠赤外線を反射する性質があり、人体から発生した熱を反射し衣服内に留め保温効果を高めます。

主な商品: TX3000、TX6060、T3515

サーモトロン

 

秋冬向けの暖かい機能を持つ裏地と言っても、その発熱や蓄熱の方法によって種類がこれだけあります。

機能性裏地はスポーツウェア、アウトドアウェアでは既に当たり前になっていますが、カジュアルブランドでも採用するところが増えています。

今まで使っていなかった方もぜひ使ってみてくださいね♪

 

~春夏編~はこちら↓

機能性裏地の紹介~春夏編~

お問い合わせはこちらまで



The following two tabs change content below.
桑室正

桑室正

営業2部3課 課長代理株式会社クロップオザキ
中国資材アドバイザーの桑室です
2010年から4年間上海に駐在していました
中国事情、中国資材のことならお任せ下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket