閉めると見えなくなるファスナーが欲しい!というあなたへ

こんにちは。

今日の東京は雨が降ったり止んだりの冴えない天気です。明日からは晴れるようですよ~♪

この週末は2日連続、荒川の河川敷へ。天気もよく気持ちよかったです。陽射しが当たると暑いですが、風が吹くと涼しく感じます。秋の気配です。今年は残暑もなく、秋の到来が早いですね。

 

 

さて、今日はファスナーのお話。ファスナーでも基本中の基本のファスナーをご紹介します。その名は、「コンシールファスナー」。名前を聞いてもピンと来ないと思いますが、女性なら一度は使ったことのあるファスナーです。男性でも奥様がワンピースを着るのを手伝ったことがある人は知っているファスナーです(笑)そう、あれです。あれ。

 

コンシールファスナーとは?

コンシールファスナーは、スカートの脇やワンピースの背中によく使われるファスナーです。このファスナー使ったり、見たりしたことのある人は気付いたと思いますが、ファスナーを閉めるとファスナーが隠れてしまいます。

 

 

縫い目だけが残っているように見え、ファスナーは消えてしまいます。これがこのファスナーの一番の特徴。名前のコンシールも英語の「conceal」(隠す)から来ています。

普通のファスナーはエレメントと言われる歯の部分が表に向いていますが、このコンシールファスナーは裏側になっています。だから、表面にエレメントは現れず、ファスナーを隠すことができるのです。

表側
裏側

 

コンシールファスナーの他にはない特徴

コンシールファスナーは他のファスナーにはない特徴があります。それがこれ!

 

下止めと言って、ファスナーがこれ以上下がらないように止める金具。普通のファスナーはこの下止めが固定されていて長さも固定されています。一方、このコンシールファスナーの下止めは可動式で自分が使いたい長さにこの下止めを移動し、カシメればOK。ファスナーの長さも、スカート用22cm、スカート・ワンピース用56cm、ワンピース用70cmが用意されていて、後はそれを長さ調整できるようになっています。

 

在庫のあるファスナー

上記のように長さが調整可能なので、22cm、56cm、70cmを在庫しています。ファスナーはエレメントの種類、テープの色、スライダーの種類、長さの組み合わせで、組み合わせが多すぎるため、ほとんどのファスナーが受注生産です。資材の中で納期を悩ますことが多いのがファスナー。そんな中、珍しく在庫があり、即出荷が可能なのがコンシールファスナー。色も全色とまでは言いませんが、かなりの色を在庫しています。赤印は22cm、56cm、70cmで在庫しています。緑印は22cm、56cmで在庫しています。

 

 

おまけ

コンシールファスナーとセットでよく使われるのがホック。男性の方も「背中のホックを止めて」なんて頼まれた事あるのではないでしょうか(笑)スカートやワンピースでファスナーだけだと、どうしても上が少し開いてしまうので、ホックを使って閉めます。このホックの事を「スプリングホック」と言います。用途や生地の厚さに合わせて大きさがあり、色はシルバー、ブラックが一般的ですが、ゴールドもあります。

 

まとめ

ご存知の方も多い「コンシールファスナー」をご紹介しました。いかがでしたか?

ワンピース、スカートだけでなく、スポーツウェアのポケットや縫いぐるみなんかにも使われています。在庫があるという安心感のあるファスナーにしては珍しいファスナーです(笑)お気軽のお問い合わせくださいね~♪

 

コンシールファスナーのご注文はこちらから

それ以外のお問い合わせはこちらから

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket