2022年3月28日上海ロックダウンの状況報告

既に報道されている通り、新型コロナ感染症拡大を受け、中国上海市は2つのブロックに分けロックダウンに入りました。ロックダウン期間は3/28~4/1浦東地区、4/1~4/5浦西地区となります。

上海市3月27日20:30発表によりますと、27日新規感染者数2676名。さらに感染者が増えていることに加え、26日上海市の人口の半分1400万人に対して行った抗原検査から多数の陽性者が出ており厳格な防疫措置を取るとし、

1)3/28~4/1 を浦東地区(∔浦西重点地区)を完全ロックダウン

2)4/1~5 を浦西地区(重点地区は継続)を完全ロックダウンすることにする。

弊社子会社の上海クロップは浦西地区にあり、4/1~5は営業ができない状態になります。現状も半数の社員が出勤できていない状態です。また市内の取引先(メーカー)もロックダウンの対象となり、全ての業務がストップしており支障が出てきます。

既にご注文をいただいてる資材については、上海クロップ平湖倉庫もしくは、上海クロップへ入荷しています。しかしロックダウン期間中、上海クロップからの出荷はできない見通しです。平湖倉庫からの出荷は一部可能ですが、状況がいつ変わるのかはわからない状態です。つきましては先週まで予定しておりました出荷ができないことが考えられます。詳しい状況は、各担当から確認・ご報告させていただきます。

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承の程、宜しくお願い致します。

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket