わたしのすきなもの /「ワンダー植草・甚一ランド」

2018/07/04更新

こんにちは

おはようございます

こんばんわ

管理業務サポーターの宇野です。

アパレルメーカーのスタッフさんの感性を刺激するモノ・コト・ヒトをご紹介する

という趣旨の当ブログ。

今回は、日本版「ぼくの伯父さん」こと植草甚一のヴァラエティ・ブック

「ワンダー植草・甚一ランド」をご紹介します。

 

ワンダー植草・甚一ランド_表紙

1ページ目から最終ページへ順に読み進む、というルールのない本。

「ジョニーウォーカーの黒ラベル」を使った

シュールでユーモラスなコラージュの表紙をはじめ

実に瑞々しい感性で、映画、ジャズ、ロック、ミステリー、ファッションや

都市の風俗について描き、それにまつわる雑文が手際よく編集された

ヴァラエティ・ブック。

 

ワンダー植草・甚一ランド_目次

 

この人のエッセイは、書こうとしているテーマ や 出来事を書くきっかけ が、

とても自然体で、まるで喋るように書いてある。

誰もが入りやすく、読みやすいが、部分的に読み捨てることも容易い。

今日の雑誌のコラムやブログに使われている「普通の文体」「饒舌文体」

の基本形を作ったのは、この人なのではといわれる所以がここにある。

 

ワンダー植草・甚一ランド_コラム

 

興味を惹かれ、ネタとして使えそうなものを切り貼りする。

無秩序なものを秩序化して オリジナル・ワン なものに仕上げられた口絵。

ウィリアム・バロウズのカットアップの手法にも通じるような編集術は

今日の音楽のリミックスやマッシュアップといった感覚に通じるもので

この辺りがヒップホップ以降の若者達にも支持される要因なのだろう。

 

ワンダー植草・甚一ランド_コラージュ

 

本は大好きなのに、長編小説を最後まで読み通せない

「集中できない」わたくしは

この本を 拾い読み、摘み食い をして

植草甚一のとても若い甥のひとりになった。

 

次回は、エリック・ロメール監督の映画「海辺のポーリーヌ」を取り上げます。

The following two tabs change content below.
宇野圭助

宇野圭助

管理業務部 総務経理課株式会社クロップオザキ
わたしのきらいなもの//午前十時/目が覚めること/仕事の打ち合わせのコーヒー/駅の人混み/吸殻/シアサッカー生地/コンチネンタル・ブレックファスト/プル・オーバーのシャツ/作り話/ウィスキー/男のロング・ヘアー/物音/長編小説/マトン/インスタント・リプレイ/午後七時/とりあえず/Cマイナー/カクテル・パーティ/雨の降り始め/鈍感/アーティ・チョーク/自分のことを書く人間

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket