わたしのすきなもの /「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」

2019/2/06更新

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる_表紙

こんにちは

おはようございます

こんばんわ

管理業務サポーターの宇野です。

アパレルメーカーのスタッフさんの感性を刺激するモノ・コト・ヒトをご紹介するという趣旨の当ブログ。

今回は、石井好子のエッセイ「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」をご紹介します。

 

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる_目次

 

かって世界を飛び廻ったシャンソン歌手が

海外滞在経験から得た 食と人々とのあれこれを記した

日本でいちばん美味しそうなタイトルの本。

 

常に手元にはあって一章読んだら本棚へ戻し

忘れたころに取り出して別の章を読む

を繰り返してきた本。

 

白眉はなんといってもタイトルになっている

みんな大好きなはずの最初のオムレツについての章。

 

フライパンにバターがとけ卵がこげてゆく匂いの描写。

それは台所で筆者が口ずさんだだろう甘くやさしいシャンソンのよう。

 

 

オムレツ・オ・フロマージュ

オムレツ・オ・フィンゼルブ

オムレツ・オ・パルマンティエ

オムレツ・オ・ラム

 

パリ好きも 食いしん坊にも その知的好奇心を満たしてくれる1冊。

「暮らしの手帖」的装丁もたいへんにしゃれたもの。

 

独特の「審美眼」というか 決して譲れない生活スタイルやセンスのようなものを匂わせながら

構えたところや気取ったところを感じさせない この作者らしい気風のよい文体も魅力です。

 

 

次回は デイヴィッド・ボウイの追悼で主演映画「地球に落ちてきた男」を取り上げます。

The following two tabs change content below.
宇野圭助

宇野圭助

管理業務部 総務経理課株式会社クロップオザキ
わたしのきらいなもの//午前十時/目が覚めること/仕事の打ち合わせのコーヒー/駅の人混み/吸殻/シアサッカー生地/コンチネンタル・ブレックファスト/プル・オーバーのシャツ/作り話/ウィスキー/男のロング・ヘアー/物音/長編小説/マトン/インスタント・リプレイ/午後七時/とりあえず/Cマイナー/カクテル・パーティ/雨の降り始め/鈍感/アーティ・チョーク/自分のことを書く人間

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket