わたしのすきなもの /「ライヴ」

2018/12/05更新

ダニーハサウェイ_ライヴ_表紙

こんにちは

おはようございます

こんばんわ

管理業務サポーターの宇野です。

アパレルメーカーのスタッフさんの感性を刺激するモノ・コト・ヒトをご紹介するという趣旨の当ブログ。

今回は、ダニー・ハサウェイの音楽アルバム「ライヴ」をご紹介します。

 

ニューソウルの聖人による最高のライヴ・レコーディング・アルバム。

 

ライヴ・レコーディングの良さっていうのは

演奏者の感性と、それを敏感に感じ取った観客とのコール&レスポンスや、
同じ空間を共有しているっていう一体感など
まさに「一期一会」な臨場感が記録されたところだと思っていて、
この点ではスタジオ・レコーディング以上のインパクトを聴き手に与えることができる。

ってところですね。

 

以外なカバー曲っていうのもライヴの見どころ(聴きどころ)の一つで

この作品には

キャロル・キングの『きみの友達』
ジョン・レノンの『ジェラス・ガイ』

なんていう多くの人が知る作品のカバーが収められているわけですが、

 

そんな中から

 

この12月の少しひんやりとした、しかし澄み切った空気感を連想させるような

本人が弾くエレクトリック・ピアノの音色と

粋でグルーヴィーなウィリー・ウィークスのベース・ラインが素晴らしい

マーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイン・オン』のカバーを聴きながら今日はお別れです。

 

 

 

次回は ジャン・リュック・ゴダール監督の映画「女は女である」を取り上げます。

The following two tabs change content below.
宇野圭助

宇野圭助

管理業務部 総務経理課株式会社クロップオザキ
わたしのきらいなもの//午前十時/目が覚めること/仕事の打ち合わせのコーヒー/駅の人混み/吸殻/シアサッカー生地/コンチネンタル・ブレックファスト/プル・オーバーのシャツ/作り話/ウィスキー/男のロング・ヘアー/物音/長編小説/マトン/インスタント・リプレイ/午後七時/とりあえず/Cマイナー/カクテル・パーティ/雨の降り始め/鈍感/アーティ・チョーク/自分のことを書く人間

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket