ボタンもいろいろ、付け方もいろいろ

こんにちは。

スポーツファッションサポーターの白井です。

 

最近急に気温があがり、7月下旬の陽気と言われる日も増えてきました!

もう既に衣替えは終わってますよね?

タンスの奥に眠っていた夏物や薄手の衣類が大活躍している頃かと思います。

そんな時にありがちなのが、『あれ?ボタンついてないじゃん!』や、

『よく見たらボタン取れかかってる!』といった急なトラブル。

着ている時は意外と気付かないんですよね・・・。

 

そこでボタンを付け直す時に、こんなふうにアレンジしてみてはいかがでしょうか?

一見シンプルに見える4つ穴ボタンですが、付け方を変えてみるだけで見え方が変わってくるんです。

こんな感じで、穴の通し方を変えるだけでバリエーションが増やせます!

 

こちらの鳥足タイプはイタリア流のオツな付け方で、

イタリアンクラシックスタイルによく用いられている縫い方です。

実は留めていない側が少し浮いているため付け外しがしやすいという

理にかなっている留め方なんですよ。

 

今年の夏はちょっとだけアレンジしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
白井智成
シリコン製品アドバイザーの白井です。
新卒でクロップオザキに入社して丸3年が経ちました。
スポーツアパレルのお客様を担当させて頂き、シリコン製のパーツを
扱うことが多く、シリコン製品アドバイザーになりました!
シリコンのことでしたら、何でもお聞きください!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket