YKKのファスナーだけど、YKKの刻印のないファスナー

こんにちは!クロップオザキの社長の尾崎です!

土曜日、関東では夕焼けの投稿が多かったです。私も埼玉にいたのですが、綺麗な夕焼けに遭遇。思わずFacebookにもTwitterにも投稿しました!

 

さて、今日のお話はファスナーのこと。日本でファスナーと言えば、YKKです。国内シェアの95%以上を占めているので、私たちも、お客様も、「ファスナー=YKK」というのが常識。でも、ファスナーがYKKだけだとつまらないと言うデザイナーさんや企画の方の声があるのも確か。YKK以外のファスナーもあるのですが、やっぱりYKKが品質的にも、調達のしやすさ的にも安心ですし、楽です。今回は、YKKのファスナーなのに、YKKとわからないファスナーをご紹介します。

 

YKK以外のファスナーってどんなの?

YKK以外のファスナーだと、日本では、朝日ファスナーという三重のメーカーがあります。ここではビンテージファスナーの「WALDES」とか、高級感のあるファスナーの「ラコニー」を作っていますが、価格的に高価です。

あとは、海外のファスナーメーカーになります。スイスのriri、イタリアのLampoなどが有名で、日本でも扱えますが、こちらも値段が高いのと、納期が輸入品なので掛かります。

ririファスナー

最近は、中国のファスナーメーカーのファスナーも多いです。技術的には上がってきていると思われますが、品質的に安心できないので、私たちはお勧めしません。

 

やっぱりYKKのファスナーがいい

輸入ファスナーをお使いになるお客様もいらっしゃいますが、やっぱりYKKのファスナーの方が安心して使うことができます。納期も確実ですしね。今はちょっとご迷惑をお掛けしていますが(笑)

YKKのファスナーで言うと、皆さんも一度は目にしたことがあると思われますが、引き手の部分に入る「YKK」のマーク。

パンツのファスナーにはだいたい入っています。

 

引き手の「YKK」を変えたい!

この引き手部分の「YKK」と入るのが嫌という企画の方も多いです。パンツの場合は目立たないからいいのですが、ブルゾンだとフロントやポケットにファスナーが付き、引き手が目立ちますからね。なので、ちょっといいブランドだと、オリジナルのブランドロゴを入れた引き手を使います。しかし、その場合、型代が掛かったり、ある程度の数量を作る必要もあるので、在庫になってしまう可能性もあります。

他にはYKKのCAとかZAのスライダーに、既成の後付け引き手を付けると言う手もあります。ですが、この場合は後付けの引き手の分、コストアップになってしまいます。引き手を取り付ける加工賃も必要ですしね。

そこで、今回紹介するファスナーがお勧めなんです!

 

YKKなのに刻印が「YKK」でないファスナー

YKKのファスナーなのですが、引き手部分の刻印が「YKK」でないファスナーがあります。それがコレです。

引き手部分に書かれているのは「UNIVERSAL」です。この「UNIVERSAL」のファスナー知っている人もいるかもしれませんが、アメリカの老舗ファスナーメーカーなんです。それなのになぜYKKのファスナーに刻印されているのでしょうか?

実は数年前にYKKが、このUNIVERSAL社買収をしたのです。なので、ファスナー本体はYKKのものに、UNIVERSAL刻印の引き手を使うことができるのです。写真のような黒塗り系のファスナーに合わせるとビンテージ感が増します。

 

シルバー系でもカッコいいです。

 

この使い方なら、通常のYKKのファスナーとさほど値段も変わらずに調達できます。しかも、YKK製なので、品質的にも納期的にも安心という訳です。金属ファスナーに限られますけど。

デニム、コンチョボタンとも相性がバッチリ

おまけ

もっと本格的なビンテージ調がいいという方には、先述の朝日ファスナーの「WALDES」かYKKでも「オールドアメリカン」という1900年代半ばのアメリカでのファスナー生産を再現した商品がありますのでそちらをどうぞ。価格は高いです。

まとめ

ファスナーといえば「YKK」と言う常識が、「ファッションとしてはつまらない」という意見があるのも確か。でも、海外のファスナーでは値段的にも、納期的にもはまらないという方も多い。ちょっとした工夫でYKKのファスナーだけど、YKKに感じさせないファスナーがありますので、そういったファスナーをお使いになるのをお勧めします!

ファスナーに関するお問い合わせはこちらから

ジーンズ用のUNIVERSAL引き手のファスナーの購入はこちらから

 

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket