付属屋の社長が教える資材調達に手間を掛けず、お得に済ませる方法

こんにちは。株式会社クロップオザキの社長の尾崎です。

梅雨の中休みで、久しぶりに青空の広がる東京です。昨日は大阪で大きな地震があり、驚きました。被災された方々の1日も早い復興をお祈りいたします。被害の大きい大阪北部は大阪時代に住んでいた所。阪神淡路大震災の時にはそこにあった寮にいました。今はもう寮はないのですが、知っている土地だけに、本当にこれ以上被害の広がらないことを祈るばかりです。

 

プロとして洋服を作っている方、洋服以外でも小物など縫製品を作っている方、それを作るための資材ってどう手配されていますか? もし、ユザワヤなどの小売店だったり、手芸店だったり、日暮里繊維街だったり、ネットで調達している方がいらっしゃったら、お手間を省くことができ、ちょっとお得な方法をお伝えします!

 

コーデュロイのライダースを作るとしたら

例えば、このコーデュロイのライダースを作成するとします。必要な資材としてはどんなものがありますでしょうか?

 

まず、表生地の太コーデュロイの生地、それに金属のファスナー。フロントに1本、袖に2本、脇ポケットに2本必要です。

次に見えるところでは、衿のところのドットボタン、ウェストのベルトのバックルにピンを挿すハトメ。

そして、裏地。袖の部分は普通の裏地ですが、フロントと背中部分は中綿入りのキルト裏地(2インチダイヤ柄)になっています。

他にも芯地、袋布(ポケット布)なんかが必要な資材になります。

これだけの資材を探すのをどうやって探していますか?

表生地、裏地、中綿は日暮里へ、ファスナーはネットで、ドットボタン、ハトメ、バックルはユザワヤへと数カ所に探しに行かないとなんてことないですか?

表生地は生地屋さんに頼めば持ってきてくれるけど、その他の資材は自分で見つけているという方も多いかもしれません。

どちらにしろ、時間と手間が掛かりますよね。そんな方々の資材調達に掛かる時間と手間を省くのが当社の役割なんです。

 

実際、クロップオザキで何が手配できるの?

では、上記の資材のどこまでを当社で手配できるのでしょうか?

まず、生地はコーデュロイや別珍を得意としている生地メーカーのサンプル帳からすぐにズバリが見つかりました。

 

次にファスナーは、ファスナーのエレメント(歯)の種類と大きさ、色(メッキ)を選び、ファスナーテープの色を生地に合わせて選びます。そして、スライダー(引き手)のサンプル帳から選択。ちなみに、このライダースのスライダーはちょっと特殊なので、下の写真の見本帳には載ってません。そんな特殊なスライダーでも手配できます。

 

そして、ドットボタン、ハトメ、バックルもそれぞれカタログから同じものをチョイス。私たちはカタログを見なくてもわかりますが(笑)

 

最後に裏地と中綿もチョイス。裏地は風合いを見ながら、中綿はどれくらいの厚みが欲しいかを確認しながら。キルト加工は、裏地、中綿を選んでから加工場で加工します。キルトの柄も選べます。

芯地、スレーキもサンプル帳から選べますが、今回は割愛します。

そう、このライダースを作るための資材は、すべて手配できるのです。いろいろなところを探し回らなくても、当社に来てもらえれば、ショールームで企画書を作成しながら、資材の手配を済ませることができるのです。しかも卸売単価です!

 

ネットでも調達可能

地方にいる方や当社に来る時間がないという方には、ネットでの資材調達も可能です。Handy Crop(ハンディークロップ)というサイトをオープンしていて、そちらで同じように資材を手配できます。このサイトは会員制にしていて、会員登録いただかないと中に入ることができません。これは、卸売単価で資材を提供するためにオープンにしていないのです。会員登録は無料ですし、年会費などもありませんので、お気軽にご登録ください。

会員登録はこちらから。

Handy Crop(ハンディークロップ)の詳しい説明やデモ説明会のご案内はこちらから。

 

 

まとめ

今回のライダースのような布帛製品の場合、一着に使う資材も多く、資材を探したり、発注したりするのには結構な時間が費やされています。布帛製品以外でも、いろいろな縫製品をプロとして生産している方々の資材調達の手間と時間を省ければ幸いと、当社ではショールームの開放やHandy Crop(ハンディークロップ)のようなECサイトを展開しています。お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちらから。

クロップオザキ ショールームの詳しい情報はこちらから。

Handy Crop(ハンディークロップ)の詳しい説明やデモ説明会のご案内はこちらから。

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket