ユリアボタン2次加工(焼き加工)について

皆様こんにちは、カジュアルファッションサポーター吉沢Aです。

本日はユリアボタン焼き加工のご案内です。

なぜユリアボタンなの?

ユリアボタンはユリア樹脂という尿素系の樹脂を原料にしたボタンです

代表的な素材にポリエステルも有るのですが、ユリアボタンは焼いた時に焦げ目がつくのが特徴で、ポリエステル釦では焼いても焦げ目が付きません。

どのようにオーダーすればいいのか?

既存のサンプル帳よりユリアボタン(UF)と明記している物を選んで頂き、

焼き具合をチョイスして頂ければOKです。

但し、半別注扱いとなる為、別途焼き加工代が掛かり数量により小口加工代

などがかかってきます。

 

あまり数量がいらない場合は?

定番で展開している物も幾つかございますので、そちらを選んで頂ければ

1個からでも加工代等かからずお出しすることが出来ます。

こちらが代表的な物です。

焼き加工は、表面さけでなく側面を加工することも可能です。

こちらは側面焼きの定番品です。

焼き加工以外にも色々な加工が出来ます。

こんなの無いかなと思いましたら営業担当にお問い合せ下さい。

お問い合わせはこちらまで。

 

The following two tabs change content below.
吉澤 斉司

吉澤 斉司

営業2部 部長株式会社クロップオザキ
ファスナーアドバイザー、またの名を「ファスナーめがね」の吉沢です。
尚、クロップオザキには吉沢が二人います。
吉沢Aまたは吉沢斉司(さとし)とご指名下さい。
ファスナーのことなら何でもお聞きください。
得意技はファスナーとドット釦の加工、修理です。
どうぞ宜しくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket