17AWコートの紹介

OEM部 小野寺です。

前回ブログの最後に
次回は当社17AWコートに関してとでしたので
今日のブログは
17AWコートと18SS素材&PITTI UOMOに関して記載します。

当社17AWコートは1月のPITTI UOMO-2017AWを基に作成してます。
テーマは1.軽いコート2.ミリタリー風コートになります。
両方のコート共に着用イメージとしてタートルを中にコートを羽織るイメージです・
これからご紹介する写真を見て頂けばより分かり易いです。

テーマ1.軽いコート

二重織りのモッサを使った一重のハンドメードコートです。
縫い代部分の生地を(二重織りなので)剥いで縫製してます。
そんじょそこらではなかなか出来ない細部に凝ったコートです。
着てみて頂くと分かりますがかなり軽いです。
提案したお客様に人気です。

テーマ2.ミリタリーコート

 

本来のミリタリーを今風にアレンジしたコートになります。
素材はコットン/ナイロンのコーティング素材に
防寒を考え裏は中綿(機能中綿)をキルトになってます。
写真はミリタリートレンチ、バルカラートレンチ、バルカラーステンです。
バルカラーはベルト通し仕様に拘り作ってます。
こちらも人気製品です。
何も言わずとしてもカッコイーですね。

冒頭にも記載し写真でも分かるように
インナーはタートルの着合わせです。
17AWはこれです。

さて18SSに関してですが
インポート素材はもうすでにお客様には
生地スワッチを見て頂き商談は始まってます。
PITTI UOMO-2018SSも6月13日からフィレンツェでですから
それりゃそうですね。

お客様ピックアップ分のLoroPiana2018COLLECTIONです。

次回はPITTI UOMO-2018SSに参りますので
18SSの素材傾向とファッショントレンドをご報告いたします。

The following two tabs change content below.
小野寺良彦

小野寺良彦

テキスタイル・製品営業部 部長株式会社クロップオザキ
ウールファブリック・アドバイザーの小野寺です。生地の販売を数十年、今は布帛製品のOEM生産をやっています。生地は得意で、特にウール地にはちょいとうるさいです。ウールの生地で困ったときは相談してください。あ、それ以外でも聞いてくださいね!よろしくお願いします。
小野寺良彦

最新記事 by 小野寺良彦 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket