オリジナル釦を作りたいあなたに~デジタルプリント釦~

こんにちは!

スポーツファッションサポーターの平野です。

残暑が残りますが、皆様はいかがお過ごしですか?

暑さにも台風にも負けず夏の終わりもエンジョイしきりましょう!

 

さて、今回はデジタルプリント釦のご紹介です。

早速紹介していきます~

別注釦を作成する手法

1.型から成型する方法

2.レーザーでロゴを刻印する方法細かいロゴや多色には不向きのため。

そんな時は“デジタルプリント釦”がおススメです!

①

デザインデータをそのままプリントデータとして使用するため、

データ通りの細かなロゴでも多色でも表現出来ちゃいます。

カラフルで可愛いですよね。

 

 柄表現の注意点

1.プリントを入れる場所を表面or裏面どちらにするか。

 ②

表面プリント

プリントを裏面にのせるので、ロゴが奥行きのある釦に仕上がります。

個人的には裏面プリントがおススメです!

③

 裏面プリント

プリントが表面にのるので、ソリッドな見え方になります。

プリントを入れる場所によりロゴの見え方が変わってきます。

 

2.釦の形状をどれにするか

④

(7372、7375が縁無し釦、7373が縁有り釦です)

細かいロゴをどうしても入れたい時や、多色でポップな釦を作りたい時などに是非ご利用ください。

 

最後に応用編!

⑤

パッと見た目は水牛釦?と見間違えますが、

こちらもポリエステル釦に水牛調のプリントした釦です。

定番品なので気になった方は営業担当までお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
平野建司
ラインストーン・アドバイザー、スポーツファッションサポーターの入社9年目の平野と申します。スポーツブランドを中心に担当させて頂いております。スポーツでもラインストーンを使ったワッペンやシートなどをよく扱っています。ラインストーンのことならお任せください。
明るく楽しくをモットーに安心・安全な最新資材をご提供できるよう頑張ります!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket