ラバー塗装をご存知ですか?

こんにちは、カジュアルファッションサポーターの吉沢Aです。

16日に沖縄・奄美が梅雨入りしたようです。

年とともに季節の移り変わりが早く感じます。。。

 

さて、今回は既製の釦などがラバー調になるラバー塗装についてお話します。

 

ラバー塗装とは

透明の樹脂を釦などにコーティングしラバー調に仕上げることを言います。

見た目と、触った時の滑り(ぬめり)感はまさにラバーのような仕上がり。

コーティングが透明な為、素材の色が活かせます!

樹脂はツヤ有りとツヤ消し2種類から選べます。

 

DSC_0255    DSC_0256

 

注意点

他の塗装に比べ、摩擦による剥離が起こる可能性が有ります。

そのため釦は自動ミシンによるボタン付けは不可となっております。

また、バックルなどはピン無しをお勧めします。

 

詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。

 

The following two tabs change content below.
吉澤 斉司

吉澤 斉司

営業1部 部長株式会社クロップオザキ
ファスナーアドバイザー、またの名を「ファスナーめがね」の吉沢です。
尚、クロップオザキには吉沢が二人います。
吉沢Aまたは吉沢斉司(さとし)とご指名下さい。
ファスナーのことなら何でもお聞きください。
得意技はファスナーとドット釦の加工、修理です。
どうぞ宜しくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket