業界初!企画書を作りながら発注書までできるHandy Crop !

こんにちは、クロップオザキの社長の尾崎です!

土曜日に桜の開花宣言の出された東京。だいぶ桜の木々がピンクめいて来ました。秋葉原駅から会社に行く途中にも1本、すでに満開状態の桜がありました!いい季節になりましたね。

 

さて、今回のお話は、前回に引き続き当社のB-to-B向けECサイト「Handy Crop(ハンディークロップ)」の紹介です。前回は「商品から発注する」というECサイトの機能をご紹介しました。前回のお話はこちらから。

今回は、もう一つの機能である「企画書を作成する」をご紹介します。これは企画書作成作りをサポートするシステムですが、これがよくできています。このような企画書作成サポートシステムは業界初です。みなさまの洋服作りのお役に立ちます!

 

Handy Cropとは?

まず、Handy Cropとは何ぞやというところから。もう一度。

Handy Cropは、クロップオザキが運営するB-to-B向けECサイトです。3年前からECサイトはやっていますが、そのサイトはB-to-Cで一般ユーザーも購入ができるもの。今回は、プロの人に使ってもらいたいサイトに。趣味ではなく商売として洋服を作っている方の資材調達と資材表作成の手間を省いていただきたいという想いで作成しました。会員制なので、単価も卸売単価で提供可能です。まずは会員登録(無料)をお願いします!

会員登録はこちらから

↓↓↓

https://order.cropozaki.com/login#

 

「企画書を作成する」では何ができるの?

「企画書を作成する」では、洋服作りをしている方々の企画書作成をサポートします。今まで、企画書を紙ベースで作成していた方は、Handy Cropを利用することにより電子版にて管理することができます。エクセルなどPCで作成していた方は、Handy Cropを使う事で、クラウドでウェブ上に企画書を保存でき、いつでもどこでも、ネット環境があれば見ることができます。前のデータを利用して、企画書のコピーなんかも簡単にできます。さらにHandy Cropで企画書を作成することで、発注書も作成することができるんですよ!

 

「企画書を作成する」を使ってみよう!

まずHandy Cropの会員登録をしていただき、IDとパスワードを入力し、ログインするとトップ画面が表示されます。

 

これの右側、濃いブルーの方の「企画書を作成する」をクリックします。

 

すると「新規作成」か「過去の企画書から作成」を選択できるようになっています。「過去の企画書から作成」を選択すると、過去のデータから引っ張り出してきて、編集したり、コピーして別品番で作成したりできます。今回は初めてなので「新規作成」を選択。

 

 

新規作成の初めの画面で、製品品番を入力し、ターゲット、アイテムを選択します。ここまで必須です。製品品番をキーとして管理していきます。その製品のスタイル画もアップロード可能です。これは必須ではありません。

 

 

続いて、企画書に書くような項目を書いていきます。シーズン、商品名、企画Noなど、そして表生地の情報を入力します。その後、製品カラー毎に生地の色目を入力し、生産する着数も入力できます。項目は必須ではないので、決まっている部分だけ入力し、保存することも可能です。そして、付属も製品カラー毎に入力していきます。初めに入力していくのには、時間が掛かりますが、一度入力してしまえば、それを元に別品番も作成できるので、2回目からは時間が短縮できるはずです。手書きよりも早いはずです。

 

どんなものが出力されるの?

すべてを入力し終えて保存をします。するとデータはクラウド上のサーバーに保存されるので、いつでも引き出すことができます。また、親IDから作った子IDでログインしても見ることができます。例えば、出張で縫製工場と打ち合わせをしている生産の方が、企画担当の方が会社で作成した企画書を見る事ができる訳です。

しかし、このHandy Cropの画面上でこの企画書を見るのは画面の大きさ上、見づらいです。なので、エクセルにこのデータをダウンロードします。するとこんな具合に出力されます。

 

 

エクセルデータなので、これを編集したり、追記したりするのは自由です。Handy Cropでは記入できない仕様情報などはエクセルで追記してもらえば、企画仕様書として利用することが可能です。

 

発注書作成が不要に!

さらにHandy Cropで作った企画書データを元に発注書を作成する事ができます。Handy Cropで、カラー毎の生産着数、各資材の用尺を入力してもらうと、自動計算で資材の必要数が出てきます。ロス率を指定して、加算する機能もあります。これらの情報を入力して、「発注書作成」ボタンを押すと仕入先毎に発注書が作成されます。これをエクセルに落とし、メールやプリントアウトしてファックスすれば、そのまま発注ができるのです。

 

 

用尺と着数で計算をする必要がなくなる上、発注書を作成する手間も省けるのです。エクセルの状態から各仕入先毎にシートが分かれて作成されるので、そのまま発注できます。これは自分で言うのもなんですが、画期的です(笑)

もちろん当社以外の発注先の分も作成されますのでご安心ください。

さらに、原価計算のためのシートを作成する事もできます。

 

まとめ

Handy Cropの「企画書を作成する」の企画書作成サポート機能は、必ずや洋服作りをしている皆様のお手間を省くはずです。当初はこの「企画書を作成する」と「商品から発注する」機能をリンクさせたかったのですが、今の時点ではまだ繋がっていません。なので、「企画書を作成する」は単独でお使いください。しかも、この機能は会員登録すれば、どなた様でもお使いになれます。しかも無料です。ぜひ、一度試してみてください。使い方など不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

Handy Cropの会員登録はこちらから

↓↓↓

https://order.cropozaki.com/#/

Handy Cropの詳しい情報はこちらから

↓↓↓

https://handy.cropozaki.com/

お問い合わせはこちらから

↓↓↓

https://www.cropozaki.com/contact/

 

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket