パキスタン製エンブレム ~モールエンブレム~

こんにちは、カジュアルファッションサポーターの吉沢Aです。

今回は当社で取り扱っているモールエンブレム(モールワッペン)についてお話します。

 

DSC_0134

 

 

モールエンブレムとは

細いコイル状に巻いたモール糸を使用したエンブレムです。

一つ一つ手作業で作り上げる為、現在では人件費のが安く手先の器用な人が多いインド、パキスタンが生産拠点の中心となっています。

 

DSCF0268                       New Image4

 

当社はパキスタンより直接輸入しています。

手作業の特徴として、同じデザインでも表情がまちまちでオリジナル感が味わえます。

 

先ずはサンプル依頼

ある程度デザインが決まったら、基布となるフエルト、モール糸、刺繍糸などを選びます。

問題がなければ約2週間でサンプルをお作りします。

モール糸の色数だけでも約80色ありますので様々な組み合わせが可能です。

 

量産発注

上がってきたサンプルを確認して頂き、修正・変更点があれば量産に反映させます。

更に再サンプルを作製する場合もあります。

量産ロットは、1柄100枚より承ります。

納期は数量にもよりますが約1か月くらいみて下さい。

 

 取り扱いには注意

モールエンブレムは、洗濯・クリーニングはできません。

洗濯、クリーニングの際には必ず取り外して下さい。

モール糸は銅製です、また裏の土台と基布のフエルトは接着材で貼りあわせている為、水洗いやドライクリーニングの溶剤にとても弱いのです。

 

 

最近はプチエンブレムのご注文も多く、ちょっとしたワンポイントに最適なアイテムになっています。

DSC_0136

 

ご質問等は、ぜひ吉沢A宛にご連絡下さい。

 

 

 

The following two tabs change content below.
吉澤 斉司

吉澤 斉司

営業2部 部長株式会社クロップオザキ
ファスナーアドバイザー、またの名を「ファスナーめがね」の吉沢です。
尚、クロップオザキには吉沢が二人います。
吉沢Aまたは吉沢斉司(さとし)とご指名下さい。
ファスナーのことなら何でもお聞きください。
得意技はファスナーとドット釦の加工、修理です。
どうぞ宜しくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket