パキスタンエンブレムのこと

こんにちは、カジュアルファッションサポーターの吉沢Aです。

今回は当社で取り扱っているモールエンブレムについてお話します。

モールエンブレムは細いコイル状に巻いた糸を使用し、一つ一つ手作業で作り上げます。

ほぼ手作業な為、インド、パキスタンが生産拠点の中心となっています。

当社はパキスタンより直接輸入しています。

手作業な為、同じデザインでも表情がまちまちとなりオリジナル感が味わえるのが

特徴です。

ある程度のデザインを決めて頂き、基布となるフエルト、モール糸、刺繍糸などの

色を選んで頂ければ約2週間~でサンプルをお作りします。

モール糸の色数だけでも約80色ありますので色々な色展開が出来ます。

量産ロットは、1柄100枚よりお受け頂け、約1か月でお届け出来ます。

最近はプチエンブレムのご注文も多く、ちょっとしたワンポイントに最適なアイテムにも

なっています。

エンブレムは、裏の土台と基布のフエルトを接着材で貼りあわせ、コイル糸も銅の為

洗濯、クリーニングはできませんので必ず取り外しが必要です。

色々なご質問等は、ぜひ私にご連絡下さい

The following two tabs change content below.
吉澤 斉司

吉澤 斉司

営業1部 部長株式会社クロップオザキ
ファスナーアドバイザー、またの名を「ファスナーめがね」の吉沢です。
尚、クロップオザキには吉沢が二人います。
吉沢Aまたは吉沢斉司(さとし)とご指名下さい。
ファスナーのことなら何でもお聞きください。
得意技はファスナーとドット釦の加工、修理です。
どうぞ宜しくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket