注目の新作テキスタイル!

小梨平で河原乞食してきました~

シーズン中の上高地は人口が多過ぎるので敬遠していたのですが超~久しぶりに行ってきました!紅葉シーズンも始まっていてやっぱすんごい人出!しかも丸一日は思いっきり雨に降られましたが梓川…この程度の雨では全く濁りません。天幕から梓川と穂高連峰が見える絶好のロケーションに幕営して超快適に過ごせました~♪

小梨平キャンプ場はスタッフも親切&フレンドリーで何でも揃っているのでとても快適、ただし週末はとても混雑してテント村の様になります。近年の登山ブームでロケーションの良い所はどこに行っても混雑しています…いっそのこと平日にキッパリ休みを取って出かけるかオフシーズンの11月中旬~4月中旬の間に訪れたいですね。ただしオフシーズンは冬山装備で歩いて行くしかないですが…殆ど人のいなくなった上高地♡良いですね~ あっ、冬山ですので自己責任でお願いします。(笑)

ということで(まったく関係ないですけど)、私がいま注目している新作テキスタイルを紹介します。

先日仕入先メーカーさんでテンションの上がる試織に会いました~♪

これです!

正直なんのこっちゃ?という感じでしょうか…

綿100%のカットジャカード

この生地はコットン100%のカットジャカードです、まあ綿のカットジャガードなんて世の中にいくらでもあるし、ありきたり~とお思いかもしれませんが…

でもこの生地はチョット違うのです。良く見るとカットのパイル長が長いのが判りますでしょうか?

そうです、通常のカットジャカードはこんなに毛足が長く出来ないためシンプルな小柄などかわいい感じの表現は向くのですが動きのある大きな柄などを表現するとチープなレース生地の様な見え方になって表現が限られてしまいます。

縦二重ビームでパイル長を調整

そこで縦二重ビームのジャカード織機を使ってパイルを長めに調整してカットの毛足を長くしているのです。だからと言って特別に新しいテクニックと言うわけではないのですが、ただ私がこの生地がいいなぁ~と思った理由は天然素材の綿100%と言うところです。もともと縦二重ビームのジャカード織機を持っている産地はシルクや化合繊織物の産地なので綿の縦糸で織ると言う発想があまりないのですよね。試織段階ですが素材感と柄の雰囲気がマッチして新鮮で良い感じに仕上がっています。イメージを喚起するこの新しい布を是非使ってみて欲しいです!

別注柄作製も可能です

現在縦糸がかかっているのでオリジナルの柄の作製も可能です!気になった方はクロップオザキ・テキスタイル課の瀧澤までお問い合わせください。

その他の服飾資材に関するお問い合わせはコチラまで。

The following two tabs change content below.
瀧澤則夫

瀧澤則夫

テキスタイル課 課長株式会社クロップオザキ
アウトドア・スペシャリストの瀧澤です。
生地販売一筋でやってきたので、生地のことなら何でもお聞きください。趣味がトレッキングや山登りなので、アウトドアウェアには詳しいです。お気軽にご相談ください。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket