リバリーボタン

こんにちは、カジュアルファッションサポーター吉沢Aです。

寒さも本格的になってきましたが、皆様体調管理には十分お気を付けください。

さて今回はリバリーボタンのご紹介です。

 

リバリーボタンとは?

イギリスのバーミンガム地方を中心に、19世紀初頭の産業革命の時代に、

職人の技術の粋をつくして、貴族の紋章が入った使用人の制服用に作られたボタンです。

現代においてもその出来映えは大きく評価されています。

ちなみにバーミンガム地方は、金属ボタン生産の聖地とのことです。

 

今回ご紹介のリバリーボタンは、現在の日本の技術を駆使しメイド.イン.ジャパンで

完全復刻したものです。

写真1写真1

デザインモチーフのグリフィンは、鷲の翼と上半身、ライオンの下半身持つ伝説の生き物で

鳥類と獣の王が合体しているため、王家の紋章として多く利用されてきました。

本物の重厚、重量感とシャープな立体表現もさることですが、個人的には裏面のこだわりが

たまらなく好きです。

写真2

育てるボタン

今回ご紹介のボタンは、真鍮製無メッキ商品です。

銀製品や本革製品と同じく、お手入れを

することで、エイジングをお好みに楽しむことが出来る「育てるボタン」経年劣化により、

表面が腐食しますが、お手入れすることで存在感が増します。

分かりずらいかもしれませんが、下側が経年劣化した時の感じです。

写真3

いったいいくらなの?

流石に本物、ちょっとビックリ価格

27mm/\2.400 21mm/\1.200  15mm/\1000です。

当たり前のメタル釦に飽きられた方、他デザイン、メッキ色などもご案内いたします。

ぜひお問い合わせ

ください。

The following two tabs change content below.
吉澤 斉司

吉澤 斉司

営業1部 部長株式会社クロップオザキ
ファスナーアドバイザー、またの名を「ファスナーめがね」の吉沢です。
尚、クロップオザキには吉沢が二人います。
吉沢Aまたは吉沢斉司(さとし)とご指名下さい。
ファスナーのことなら何でもお聞きください。
得意技はファスナーとドット釦の加工、修理です。
どうぞ宜しくお願いします。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket