梅雨の季節に注意したいこと!

こんにちは!スポーツカジュアルファッションサポーターの桑室です。

関東も梅雨に入りました。どうも私はこの時期は苦手です。

しかし、関東ではダムの貯水量が低下して水不足が懸念されています。

雨は降り過ぎても降らな過ぎても困ります。適度に降るといいんですが・・・

 

私達が扱う、生地や付属にとっても雨や湿度は大の苦手です。

 

管理に注意

倉庫で保管している時に湿気を吸ったり、運送中に濡れてしまったりするとカビやサビが発生する可能性があります。

雨の日には水滴を拭ったり、濡れない包装をしたり工夫が必要です。

 

気温の高い日や湿度の高い日は弊社の倉庫でもエアコンが点いています。

これは作業をする人の為だけでなく、商品の快適環境の為でもあるのです!

決して電気の無駄遣いではありません。。

 

高温多湿がもたらす悪影響

高温多湿の環境では、様々な事象が発生します。

いくつか上げてみますと、

・カビ、サビ

・変色、腐食

・下札など紙類の変形

・移行昇華

・悪臭?!

 

最近起こった事例

あるお客様でこんな事が起きました。

ファスナーが変色というか腐食しているのです。

IMG_1475 (800x600)

確かに右側と比べると変色しています。

IMG_1477 (800x600)   何年前の製品かと思うほどです。

 

何が原因?

検査機関に調査してもらったところ、製造時には含まれてなかった”F(フッ素)”と”O(酸素)”が多く検出されました。

このフッ素と酸素が金属部分に接触、付着して変色したと推察されます。

では、なぜフッ素や酸素が検出されたのか?

海外の工場ではこれらの成分を含む汚れ落とし剤や、仕上げ剤を使用するケースが見られます。

これらの溶剤が残留した製品が袋詰めされてコンテナで輸送されているうちに化学変化を引き起こしたのではないかと推測されます。

 

注意喚起

このような案件がアセアン地域の生産品に多く発生しているようです。

YKKさんでもパンフレットを作成して注意を促しています。

 

ご要望の方は弊社営業までお問い合わせ下さい。

The following two tabs change content below.
桑室正

桑室正

営業2部3課 課長代理株式会社クロップオザキ
中国資材アドバイザーの桑室です
2010年から4年間上海に駐在していました
中国事情、中国資材のことならお任せ下さい。
桑室正

最新記事 by 桑室正 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket