軽いドットをお探しのあなたへ

こんにちは。クロップオザキの社長の尾崎です!

昨日から2018年春の新卒採用に向けて、会社説明会が始まりました。説明しすぎて喉が痛いです〜。

IMG_3891
昨日のブース風景

 

さて、今回の紹介するのはドットボタン。ドットボタンとは普通のボタンのようにボタンホールで止め外しするのではなく、パチンと止めたり、外したりできるホックボタンです。ドットボタンというと金属製のものが多いです。私たちが提供するものも金属製がほとんどです。しかし、今回紹介するのはプラスチック製のドットボタン。私たちはプラドットと言っています。

IMG_3896

 

プラスチックドットとは?

プラスチックドットとはどんなものなのでしょう?

IMG_3897

 

これ↑↑↑がプラスチックドットです。プラスチック製のホックです。スポーツウェアや子供服などによく使われています。カジュアルウェアに使われるドットボタンは金属製のものが多いです。しかし、最近はスポーツテイストの流行もあり、カジュアルウェアにもプラスチックドットを使うことも増えています。上の写真もこの秋冬向けの当社の提案サンプルのダウンジャケットです。

 

プラスチックドットは何がいいの?

プラスチックドットは見た目の軽さやカジュアルさから、どうしても安っぽく見られがちでカジュアルウェアではあまり使われてきませんでした。しかし、金属ドットと比べての良さがあるのです。

 

1.軽さ: なんと言っても金属製ドットボタンに比べ、格段に軽いです。その理由でスポーツウェアや子供服で使われています。普段着でも軽量が求められる昨今、プラスチックドットの人気が上がっています。

 

2.色数が豊富: 金属製ドットボタンはメッキのため、色のバリエーションは限られてしまいます。一方、プラスチックドットは色数が豊富です。生地の色に合わせて染色できるボタンもあります。

IMG_3898
ツヤのないもの
IMG_3899
ツヤのあるもの
IMG_3903
染色可能なもの

 

3.検針機に引っ掛からない: 金属製のものでよく問題になるのが検針機。検針機対応のものを使用しても、使われている個数が多かったりすると検針機に引っ掛かってしまうことがあります。しかし、プラスチックドットだと金属を使用していないので、検針機にはそのボタンが原因で引っ掛かることはありません。

 

4.リーズナブル:金属製のものよりプラスチックドットは材料費や生産効率がいいことから安価です。

 

プラスチックドットの進化

プラスチックドットもいろいろ進化をして、バリエーションが増えています。その表面にプリントしたり彫刻したりするのはもちろんです。

IMG_3902

 

表にでるキャップが金属製に見えるものもあります。一見、金属のように見えますが軽いというのが特徴で、引き合いが増えています。

IMG_3901

IMG_3905

 

IMG_3906

 

さらに、表に出るキャップ部分は金属製で他の部分はプラスチックというものもあります。これでも金属製ドットボタンより軽いです。

IMG_3904

 

 

まとめ

ドットボタンは金属製だけじゃなく、プラスチック製もあるんです。プラスチックドットの方がメリットがあることも多いです。しかも、今までの安っぽいイメージを払拭するデザインのものも増えています。カジュアルウェアにもプラスチックドットを利用してみてはいかがでしょうか?

 

いろいろご覧になりたい場合はぜひ弊社ショールームへご相談ください!
↓↓↓
お申し込みはこちらから

その他のお問合せはこちらから

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket