人事考課を自己育成ライザップへ

今日は終日社内面談!20名と面談しました。面談を終えるとドッと疲労感が・・・

 

さて、今日のお話は、「人事考課を自己育成ライザップへ」です。

 

実は今日の面談は、人事考課の結果を報告するものでした。年に一回3月に人事考課で自己評価、一次考課(上司)、最終効果(社長)を行い、それのフィードバッグです。この人事考課制度を導入して7年ほど。昨年からこの制度に疑問を抱いていました。考課に時間が関わる割りに効果があまりないような気がしたのです。

 

この考課内容は年々変更を加えてきましたが似たような項目が多かったり、項目に当てはまらない職種があったりとか。そして何より問題なのは、この人事考課のシートを年に一回しか見ないということ。途中で見ないので自分たちが何を基準に考課するのか忘れてしまうのです。

 

忘れていない日々心掛けていることもありますが(笑)

 

そこで、この4月から人事考課制度を変更することに決めました!

 

人事考課ではなく、自己成長シートにします。会社目標、部署目標、個人目標を明記し、当社の5つの基本能力、12~13ヶの専門能力、知識、行動、姿勢が記載されたものが自己成長シート。これを月2回自己評価と上司フィードバックを行っていきます。そして、半年に1回まとめの振り返りをします。これなら常に目標や何をすべきかが確認できます。

 

そして、今までの人事考課シートは「こんな仕事ができて欲しい」というものだけでしたが、今回の自己成長シートには4つの目的があります。

1.経営理念を実現するため

2.お客様の役に立つ、困っていることを解決できる人材を育成するため

3.人間として成長するため

4.日々のコミュニケーション向上のため

シートを日々確認しながら、自己成長し、目まぐるしく変化する環境に対応する人材になっていきます。

 

しかし、年に1回だったものが月に2回とはかなりの頻度アップで、大変そう。このシート作成を指導してくれた社会保険労務士の先生がこう言いました。

 

楽でも効果の出ないものはやっても意味がない。多少大変でも仕組みを作りやることで効果が必ず出る。
ダイエットでも一緒で、食べたいものを食べていたら痩せない。しかし、自制してダイエットするのはなかなか続かない。だから、ライザップのように指導してもらうことでダイエットできるようになる。

 

今回の自己成長シートを月に2回行うのはライザップと一緒の仕組みなんです。

 

さあ、自己成長ライザップを始めます。みんな準備はいいかな!?

t02200165_0800060013611391367
自己成長シートの説明会の様子

The following two tabs change content below.
尾崎博之
2011年より株式会社クロップオザキの社長をやっています尾崎博之です。ファッション資材が大好きで、洋服を見るとまずファスナーやボタンに目が行ってしまいます!お客さまのお役に立つ情報を発信していきます!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket