アパレル資材から選ぶ

ボタン_アパレル資材で選ぶ
ボタン
金属資材イメージ
金属資材
ファスナーイメージ
ファスナー
テープイメージ
テープ
生地&裏地イメージ
生地&裏地
ワッペン&エンブレムイメージ
ワッペン&エンブレム
洗濯表示&ブランドネームイメージ
洗濯表示&ブランドネーム
ロゴ入れ&その他加工イメージ
ロゴ入れ&その他加工

プラスチックボタン

ユリアボタン|ユリアボタンをお探しのあなたへ

army4.jpg
☆オススメ アーミーボタン☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ユリアボタン

ユリアボタンはユリア樹脂という尿素系の樹脂を原料にしたボタンです。プラスチックのボタンではこのユリアとポリエステルが2大原料です。ユリアボタンは、色を練り込んで粘土のようにした樹脂をボタンの柄に合わせて積み合わせて太い棒状にします。この柄を組むのが職人技です。その後、その太い棒状のものをギューっと圧縮して細い棒状にし、輪切りにしてボタンに加工していきます。

このユリアボタンは、水牛やナットの天然素材を真似て作成していますが、日本のボタンメーカーの技術はスゴイもので、はっきり言って本物かユリアボタンか区別が付かないほどです。もちろん、本物よりもリーズナブルです。

PRV23-40.jpg PRV23-31.jpg PRV23-42.jpg PRV23-49.jpg
HB320-L.jpg HB320-LB.jpg HB320-MB.jpg HB320-B.jpg

上段がユリアボタンで、下段が本水牛ボタンです。

 

osusume

水牛調、ナット調とものかなりリアルに近いので、すべてオススメなのですが、あえてこのネットショップがオススメするのはアーミーボタン。耐久性、耐熱性に優れるので軍服に使われるこのユリアボタン。ビンテージぽくもあり、とてもカッコいい!今回はネコメ(猫目)のデザインをチョイス。

ng
ユリアボタンはホルムアルデヒドを含んでいますので、2歳以下の乳幼児の衣類等には使わないでください。


 


ポリエステルボタン|ポリエステルボタンをお探しのあなたへ

poly-white.jpg
☆オススメ ホワイトポリ☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ポリエステルボタン

ポリエステルボタンはユリアボタン同様、プラスチックボタンの代名詞です。ポリエステルボタンはその原料の加工方法から大きく2つに分かれます。ユリアボタンのように水牛ボタンやナットボタンのイミテーションを主に作成する方法で棒管ポリエステルボタンというものがあります。もうひとつは、貝ボタンのイミテーションボタンを作成する板状ポリエステルボタンというものがあります。

ポリエステルボタン(棒管)

棒管法で作られるポリエステルボタンは、細長いアルミのパイプに色をつけて液状にしたポリエステル樹脂を流し込み、固まってから輪切りにしボタンの加工原料にします。ポリエステルボタンもユリアボタンも見た目にはあまり区別が付きませんが、ポリエステルボタンは後染色ができると言う特徴があります。生地に合う色がない場合に染色して合わせるという方法も可能です。ボタンの形をつくるのは削って作るので、もし別注の形を作りたい際もユリアボタンより少ない型代で作ることが可能です。

VT118-40.jpg
VT118-45.jpg
VT118-48.jpg
VT118-09.jpg
HB320-L.jpg HB320-LB.jpg HB320-MB.jpg HB320-B.jpg

上段がポリエステルボタンで、下段が本水牛ボタンです。


shell poly rec.jpg
☆オススメ枠付き貝調ポリ☆

ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ポリエステルボタン(板状)

板状ポリエステルボタンは、遠心成型法という製法で作られます。これは回転する大きなドラム(業務用の乾燥機のようなイメージ)にポリエステル樹脂を流し込んで原料を作ります。ドラムから出した原料は引き伸ばした餅のように板状になります。これを丸く抜いていってボタンを加工する原料にします。ドラムで回すことにより原料の中のパール(光沢を出す素材)が立ち、貝ボタンのような光沢を出すことができるのです。貝ボタンのイミテーションのプラスチックボタンはほとんどがポリエステルボタンです。棒管同様、後染めの染色が可能です。

shell poly w.jpg shell poly B.jpg shell poly BK.jpg

左から高瀬風、茶蝶風、黒蝶風

 

osusume

まず、棒管ポリエステルボタンのオススメは、水牛調ポリエステルボタン、ナット調ポリエステルボタンは当然オススメなのですが、今回はホワイトポリエステルボタンをオススメします。とてもきれいな白色で清潔感があり、可愛らしさもあります。スプリングコートに大きめの30mmくらいのサイズをそのままの白色で付けるのがオススメ。もちろん、生地に合わせて染めてもOKです!

次に、板状ポリエステルボタンのオススメは、貝調ポリエステルボタンにシルバーの枠が付いたボタン。この枠が付くだけで、グッと高級感が増します。メンズにもレディースにもどちらにも使えるボタンです。枠のメッキカラーはゴールドもあります。

 

ng
ポリエステルボタンは後からの染色が可能ですが、薄い色の生地に濃い色に染めたボタンを付けるのはお避けください。ボタンの色が生地に付く可能性が高いです。チェックやボーダーで濃い色に合わせるのも要注意です。


 

 

ラクトボタン|ラクトボタンをお探しのあなたへ

LH1.jpg
☆オススメ ラクトボタン☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ラクトボタン

ラクトボタンはよくミルクからできたボタンと言われます。それは牛乳に含まれるカゼインと言う成分を原料にしているからです。それなので、ラクトボタンは真っ白です。プラスチックボタンの一種ですが、素材には柔らか味があり、他のプラスチックボタンにない高級感とフェミニンさを感じます。

ラクトボタンの小さいものは8mmくらいから大きいものは30mm以上のものもあります。20mm以上の大きめのボタンをレディースのジャケットやコートに生地と同色染めして使用されることが多いです。

原料を作る工程に手間と時間が掛かるため、厚いボタンや大きいボタンは、同じ厚みやサイズの他のプラスチックボタンより高くなります。

ラクトボタンは光沢のあるツヤや光沢のないケシ、ボタン付けの穴が表穴のタイプや裏足のタイプなど色バリエーションは少ない変りに、光沢や形で種類を持っています。

LH1T.jpg LHURAASHI.jpg
表穴タイプ ツヤ 裏足タイプ ツヤ

osusume
プラスチックボタンの中でも高級なラクトボタンですが、シャツ用の小さいサイズはそれほどの価格差がないのでレディースのニットアイテムに同色に染めて使用するのがオススメです。

ng
染色が可能ですが、他のボタン同様、薄い色の生地に濃く色に染めたボタンを付けるのは色落ちの問題が起こる可能性が高いので避けてください。


 


ナイロンボタン|ナイロンボタンをお探しのあなたへ

basuket.jpg
☆ナイロンバスケットボタン☆ 
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ナイロンボタン

ナイロンボタンはポリエステルなどと同じ石油を原料にしたボタンです。他のボタンと違い射出成型という方法でボタンを作ります。射出成型は金型の中に溶かした樹脂を流し込むことによって作成します。一回で多くのボタンを作成することが出きるので一つあたりの単価は他のプラスチック素材のボタンより安くなります。ラクトボタンと似た真っ白なボタンもありますが、同じサイズで半額ほどのお値段。しかし、ラクトボタンと比べるとどうしても安っぽく見えてしまうのは否めません。ナイロンボタンも染色が可能です。

osusume
ナイロンボタンの中でも高級感を醸し出すボタンがあります。それが革のバスケットボタンのイミテーションのナイロンボタンです。本物そっくりに出来ていて
遠目には本物と見間違います。また、革ボタンより軽いので少し薄手の生地でも生地に負担を掛けません。キルティングジャケットに20mmくらいのサイズがよく使われています。

ng
染色に関する注意事項は他のボタン同様で、薄い色の生地に濃い色に染めたボタンを使うのは色落ちの問題があるので避けてください。また、ナイロンボタンの場合、製造上、パーティクルラインと呼ばれる樹脂を流し込んだところを切断した跡があります。この部分は他の部分と同じように染まらないので、取り付けの際、目立たないように下側に向けるなど対応をお願いいたします。

nylonlh.jpg


拡大
partyline.jpg



 


アクリルボタン|アクリルボタンをお探しのあなたへ

arylic2.jpg
☆オススメ アクリルボタン☆ 
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

アクリルボタン

アクリルボタンはガラスのような透明感が特徴のとてもきれいなボタンです。透明感をそのまま利用した透明なボタン、ミラータイプにしたもの、パール箔を入れたパール調のボタンもアクリルボタンです。透明なボタンはポリエステルやナイロンでもありますが、透き通るような透明感はアクリルには敵いません。ボタンの表面や裏面にカットを入れて宝石のように見せているボタンも多くあります。10mmや11.5mmの小さいサイズをレディースのニットやブラウスによく使われています。

 

osusume
アクリルボタンはその美しさが一番の特徴です。その美しさをさらに引き立たせるためにラインストーンを埋め込んでいるボタンがあります。このラインストーンはスワロフスキー社のクリスタルを使用しています。まるでアクセサリーのようなボタンです。レディースのハイゲージの薄手のニットにピッタリ。

acryl1.jpg
☆アクリルミラーボタン☆


ng

アクリルボタンは熱に弱いため、染色には向きませんので染色は避けてください。また、アイロンやプレスが当たっても変形したり、溶けたりする可能性がありますので、あて布をして、低温にしてください。ドライクリーニングは石油系ドライにしてください。






 


img_contact_netshop.jpgimg_contact.jpg