アパレル資材で選ぶ

ボタン_アパレル資材で選ぶ
ボタン
金属資材イメージ
金属資材
ファスナーイメージ
ファスナー
テープイメージ
テープ
生地&裏地イメージ
生地&裏地
ワッペン&エンブレムイメージ
ワッペン&エンブレム
洗濯表示&ブランドネームイメージ
洗濯表示&ブランドネーム
ロゴ入れ&その他加工イメージ
ロゴ入れ&その他加工

天然素材ボタン

貝ボタン | 貝ボタンをお探しのあなたへ

高瀬貝1128.jpg
☆オススメのタカセ17型☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

高瀬貝(タカセ)

高瀬貝ボタンはシャツボタンに一番多く使われている貝ボタンです。
少し黄味のある白色で、レインボー調の光沢がある綺麗なボタンです。
原料の高瀬貝は東南アジアやパプアニューギニアなどの南洋で取れます。
貝ボタンの中では原料が比較的豊富なため、値段的にもリーズナブルです。

サイズは形にもよりますが、9mmから25mmが一般的です。
シャツのフロントや袖には、10mm、11.5mm、13mmを使うことが多いです。
剣ボロ、ボタンダウン用は、9mm、10mmが多いです。
ボタンダウンの場合は、ボタンを付ける裏側にあて布(フェルト等)を付けてください。

osusume
高瀬の17番型(縁有りの4つ穴)は、一番人気のある貝ボタンです。
10mm、11.5mm、13mmは単価的にもこなれているので、オススメです。

ng
染色は直染めとポリエステルコーティングをしてから染める方法で可能です。
直染めの場合、一般の染色と異なり時間を掛けて染料を染み込ませるので時間が掛かるのと、プラスチックボタンの染めのようにピッタリの色にするのは困難です。
どちらの方法にしても後染めなので、配色(身生地に対して反対色など)の使い方は色落ちして生地を汚す恐れがあるため、NGです。


12121514_52a9544771775.jpg
☆オススメの黒蝶18型☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

黒蝶貝(クロチョウ)

高瀬貝についでポピュラーな貝ボタンが黒蝶貝ボタンです。

次に出てくる白蝶貝、茶蝶貝もそうですが、真珠を作る母貝なので

マザーオブパールと呼ばれています。

黒蝶は名前の通り黒い色なのですが、まっ黒ではなく、

パール調の光沢があり、独特な輝きがあります。

これはプラスチック製のボタンでは出せない味です。

高瀬同様、シャツのフロントや袖にも多く使いますが、

20mmくらいの大きめのボタンをジャケットフロントに使用するのもカッコいいです。

osusume
黒蝶18番型(縁有り4つ穴)は、縁は17番型より厚く中央に向かって少し傾斜しています。
17番型より大人っぽいイメージです。 

ng
貝ボタンすべてに言えることですが、ボタンを付けてからの洗い加工(ストーン、ボールやバイオ等)はボタンが割れる原因になりますので、洗い加工後に縫い付けをお願いします。


12121426_52a9491eaf75a.jpg
☆オススメの白蝶17型
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

白蝶貝(シロチョウ)

高瀬貝ボタンと似ている白色の貝ボタンが白蝶です。

しかし、高瀬と白蝶ではその素材の希少性とその輝きの美しさにより

高瀬に比べ3倍以上の値段で、貝ボタンの最高峰に位置します。

高瀬よりも白さの度合いが高く、純白です。

また真珠の母貝であるため、そのパール調の光沢は、

高瀬の輝きとは違う美しさがあります。

白蝶はその高価さもあり、大きめのボタンを使用するというよりは

高瀬同様にシャツ用のボタンとして使われることが多いです。

osusume
貝ボタンの最高峰である白蝶自体がオススメ。 高瀬や黒蝶同様に形はいろいろな形があります。一番人気があるのはやはり17番型です。

ng
白蝶はそのボタン素材自体の美しさが特徴です。NGではないのですが、染色に向かないです。


20140131_115733.jpg
☆オススメ茶蝶坊主型☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

茶蝶貝(チャチョウ)

茶蝶貝ボタンは、黒蝶とよく似た輝きですが、色が赤みを帯びた茶色です。

茶系のグランドにレインボーの輝きがあり、言葉で表現するのが

難しい美しさです。黒蝶に比べ、色彩的に温かみがあり、

レディースのニットなどによく使われます。10mm〜13mmが

一番よく出ますが、ニット肩口に大きめの20mmくらいのもを使用することもよくあります。

ベージュ系や茶系の生地のジャケットにもオススメです。

osusume
レディースによく使われる茶蝶は、坊主型という碁石の形の2つ穴がオススメ。縁がなく美しい丸みを帯び、

柔らかで、レディースニットのアンサブルに最適!

ng
他の貝ボタンと同じです。


 

水牛ボタン|水牛ボタンをお探しのあなたへ

水牛ボタン
20140203_193913.jpg
☆オススメ ブラックカラー☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

水牛ボタン

水牛ボタン(本水牛ボタンとも言います)は、水牛の角を原料としたボタンです。この水牛ボタンは、ボタンの素材の中では最高級に位置する高価なものです。原料はインド、中国などアジアで採れるものが多いです。

水牛ボタンの特徴として、その自然な色と柄があります。透明感のある色の方が、原料の希少性から高価で、黒に近くなるほどリーズナブルになります。中には水牛の骨を原料にした、乳白色のボタンもあります。

スーツやジャケット、コートに使用されることが多く、スーツのジャケットのフロントには20mm、袖やパンツには15mmをよく使用します。コートのフロントボタンには大きめのサイズを使用することが多く、23mm、25mmが一般的で、さらに大きいサイズの28mmや30mmを使用することもあります。

HB320-L.jpg HB320-LB.jpg HB320-MB.jpg HB320-B.jpg

 

osusume
水牛ボタンは色によって値段が変ります。黒色に近づくほど安くなりますので、水牛ボタンでオススメはブラックカラーになります。プラスチックのイミテーションボタンと違い、一つ一つ微妙に柄が異なります。これが本物の水牛ボタンである証。ボタンを変えて、洋服の価値をワンランク上げましょう!

ng
水牛ボタンは染色はできません。オリジナルの色合いがとてもいいので染色する必要はありませんが、色が限られます。染色せずに自然の色合いをお楽しみください。また、一つ一つの色や柄には多少の差がありますのでご了承ください。


 


ナットボタン|ナットボタンをお探しのあなたへ

ナット.jpg
☆オススメ シャツ用ナット☆

ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ナットボタン

ナットボタンはスーツ、ジャケットやコートによく使用するボタンの素材の中で、水牛ボタンに次ぐ高級素材のボタンです。その原料は南米のエクアドルのタグワ椰子と言う椰子の実の種が原料になります。この種は直径5cm×10cmくらいの楕円形の少し大きめの卵みたいな感じです。外側は茶色なのですが、中身は乳白色でこの色をとってアイボリーナットとも言われます。

色の付いているナットボタンはすべて後から染めて色を付けています。色を付けると若干の色の濃淡が出て、年輪のような渦がうっすら見えます。これがナットボタンの見た目の特徴です。ナットボタンはその原料はとても硬いのですが、この渦により見た目の風合いが水牛よりも柔らかく、暖かく見せてくれます。また、もう一つの特徴として、ナットボタンは経時変化が楽しめるということです。これは革が使い込むと色が変化して行くようにナットボタンも時が経つにつれ色が濃くなっていきます(濃い色は変りません)。


osusume
ナットボタンはスーツ、ジャケット、コートに使われることが多いですが、オススメはシャツに使用。10mm、11.5mm、13mmの小さいサイズのナットボタンをカジュアルシャツにつけます。オックスやダンガリーなど厚手の生地のシャツにオススメ。色は自然のナットカラーであるアイボリーをそのままで。貝ボタンにはない魅力を発揮します!

ng
ナットボタンは後染めのボタンですので、色落ちの可能性があります。薄い色の生地に濃い色のボタンを使用するのは避けてください。


 


木ボタン|木ボタンをお探しのあなたへ

木ボタン(ウッドボタン)

木ボタンは、昔からある素材でボタンに使われる木は硬さのあるものが使われます。主な素材としては、竹、オリーブ、ツゲ、黒檀(コクタン)、ヒノキ、タガヤサンなどがあります。それぞれの材料により、色や木目が違い、同じ形のボタンでも素材違いで、違った雰囲気を出しています。木ボタンにはやはり木の温もりがあります。実際、あまり洋服に着いているのを見たことはありませんが、ざっくりしたローゲージのニットに23mmくらいの大きめの木ボタンがフィットします。ぜひ、木ボタンの使用にチャレンジしてみてください!

take.png
tuge.png
ツゲ
olieve.png
オリーブ
tagayasan.png
タガヤサン
kokutan.png
黒檀

 

olievereco.png
☆オススメ オリーブ☆
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

osusume

木ボタンの中で白っぽい色のツゲと茶色いタガヤサンの間のベージュっぽい色で木目がはっきりと出ているオリーブがオススメ。形は写真の丸い縁の4つ穴が可愛く、品があり、天然素材のパンツのボタンにピッタリ。木の温もりを感じる洋服っていいですよね!

ng
木ボタンは高温多湿な状態や水に長時間漬けて置くとボタンが変形したり、樹脂のしみ出しが起こったり、生地への色移りが発生する可能性がありますので避けてください。



 


革ボタン|革ボタンをお探しのあなたへ

バスケットボタン.png
☆オススメ NO.100☆
バスケットボタン
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

革ボタン

革ボタンは牛や馬、ヤギなどの革を使ったボタンで、主に冬物のコートやジャケットに使われます。革ボタンに大きく分けて2種類あり、革を細くテープ状に切って編み上げたもの(バスケットボタンなど)と革を型でプレスしてボタンの形状にしたものがあります。編み上げたもので一番有名なのがバスケットボタンと言われボタンで、ピーコートやキルティングジャケットによく使われます。型でプレスしたボタンは通常のボタンの形状に似ていて4つ穴のものが多いです。革ボタンはワイルドさの中に革の自然の風合いである柔らか味があり、高級感もあります。キルティングジャケットのフロントに付いているボタンは20mmもしくは21mmの大きさものが多いです。サイズ展開は15mm、18mm、20mm、23mm、25mmくらいまでが一般的です(形により異なります)。

革ボタン表穴.png
革プレスボタン NO.77
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

osusume

なんと言っても革ボタンと言えばNO.100バスケットボタンです。丸みを帯びた形が可愛らしいですが、革を使用していることでワイルドさも持っています。このバスケットボタンは他の革ボタンにはない13mmや30mmもあり、色も薄茶、中茶、濃茶、モカ茶、黒と他のボタンよりも色数も多いです。冬のコートのボタンを革のバスケットボタンに変えるのもオシャレですよ!

ng
革は水や高温には弱いので水洗いやタンブラー乾燥、アイロンを当てる等のことは避けてください。クリーニングは石油系ドライにして、ボタンを保護するようにしてください。



 


img_contact_netshop.jpgimg_contact.jpg