ボタン資材一覧

天然素材ボタン 天然資材ボタン_p.jpg
天然の素材である貝、水牛の角、ヤシの実の種、木、革を原料して作ったボタンです。天然の素材なので、一つ一つに個体差があるのが特徴です。天然素材のボタンはプラスチック製より高級で、天然素材ならではの価値を醸し出してくれます。
素材詳細
水牛ナット

線02.jpg

プラスチックボタン.jpg プラスチックボタン_p.jpg
天然素材を模してポリエステルなどのプラスチックを原料として作られたボタンです。貝、水牛、ナットなどは精巧に作られたものも多く、本物との見分けが付かないものも結構あります。天然素材に比べ安価で、染色性に優れた素材もあります。
素材詳細
ユリアポリエステルラクトナイロンアクリル

線02.jpg

金属ボタン.jpg 金属ボタン_p.jpg
金属素材のボタンで、学生服やブレザーなどに付いている金色のボタンが有名です。色はメッキで付けますが、最近ではヴィンテージ調にしたものや、わざと錆たような色にしたものもあり、ファッションの幅を拡げています。
資材詳細.jpg
キャスト、カブセ

線02.jpg 

ドットボタン.jpg ドットボタン_p.jpg
ドットボタンはブルゾンやパンツのフロントによく使われる、パチンと留めるタイプのボタンです。金属のものとプラスチック製のものがあり、種類もかなりたくさんあります。金属のものはメッキによって色を変えることができます。糸で縫い付けるのではなく、機械で取り付けます。
資材詳細.jpg
金属ドットボタン、プラスチックドット

線02.jpg

タックボタン.jpg タックボタン_p.jpg
タックボタンはジーンズに付いている金属ボタンです。ドットボタンと違うのは、ボタンホールを通して留めるところです。また、ジーンズのポケットの縁に補強として金属の鋲(びょう)が付いているものがありますが、これをリベットと言います。どちらも機械での取り付けになります。
資材詳細.jpg
タックボタン、リベット

線02.jpg 

変形ボタン.jpg 変形ボタン_p.jpg
ダッフルボタンは別名をトグルボタンと言いますが、ダッフルコートに使う長細いボタンです。これは紐で留めるタイプのボタンです。
パラシュートボタンの形状は普通のボタンと同じ丸ですが、糸を通して縫い付けるのではなく、テープを通して留めるボタンのため、ボタンの穴の形状が長細く2つ空いているのが特徴です。
資材詳細.jpg
ダッフル、パラシュート

線02.jpg

くるみボタン.jpg くるみボタン_p.jpg
クルミボタンは生地を包んだボタンです。ブラウスで、使用している表生地を使ってクルミボタンを作ることが多いです。タキシードやフォーマルウェアに付いているサテンの生地を使ったボタンもクルミボタンです。ボタンだけでなくバックルも作成可能です。
資材詳細.jpg
平クルミ、リネン、コンビ、クルミバックル
img_contact_netshop.jpgimg_contact.jpg