革ボタン|革ボタンをお探しのあなたへ

バスケットボタン.png
☆オススメ NO.100☆
バスケットボタン
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

革ボタン

革ボタンは牛や馬、ヤギなどの革を使ったボタンで、主に冬物のコートやジャケットに使われます。革ボタンに大きく分けて2種類あり、革を細くテープ状に切って編み上げたもの(バスケットボタンなど)と革を型でプレスしてボタンの形状にしたものがあります。編み上げたもので一番有名なのがバスケットボタンと言われボタンで、ピーコートやキルティングジャケットによく使われます。型でプレスしたボタンは通常のボタンの形状に似ていて4つ穴のものが多いです。革ボタンはワイルドさの中に革の自然の風合いである柔らか味があり、高級感もあります。キルティングジャケットのフロントに付いているボタンは20mmもしくは21mmの大きさものが多いです。サイズ展開は15mm、18mm、20mm、23mm、25mmくらいまでが一般的です(形により異なります)。

革ボタン表穴.png
革プレスボタン NO.77
ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

osusume

なんと言っても革ボタンと言えばNO.100バスケットボタンです。丸みを帯びた形が可愛らしいですが、革を使用していることでワイルドさも持っています。このバスケットボタンは他の革ボタンにはない13mmや30mmもあり、色も薄茶、中茶、濃茶、モカ茶、黒と他のボタンよりも色数も多いです。冬のコートのボタンを革のバスケットボタンに変えるのもオシャレですよ!

ng
革は水や高温には弱いので水洗いやタンブラー乾燥、アイロンを当てる等のことは避けてください。クリーニングは石油系ドライにして、ボタンを保護するようにしてください。