ナットボタン|ナットボタンをお探しのあなたへ

ナット.jpg
☆オススメ シャツ用ナット☆

ご購入はこちら
1点よりお買い求めいただけます。

ナットボタン

ナットボタンはスーツ、ジャケットやコートによく使用するボタンの素材の中で、水牛ボタンに次ぐ高級素材のボタンです。その原料は南米のエクアドルのタグワ椰子と言う椰子の実の種が原料になります。この種は直径5cm×10cmくらいの楕円形の少し大きめの卵みたいな感じです。外側は茶色なのですが、中身は乳白色でこの色をとってアイボリーナットとも言われます。

色の付いているナットボタンはすべて後から染めて色を付けています。色を付けると若干の色の濃淡が出て、年輪のような渦がうっすら見えます。これがナットボタンの見た目の特徴です。ナットボタンはその原料はとても硬いのですが、この渦により見た目の風合いが水牛よりも柔らかく、暖かく見せてくれます。また、もう一つの特徴として、ナットボタンは経時変化が楽しめるということです。これは革が使い込むと色が変化して行くようにナットボタンも時が経つにつれ色が濃くなっていきます(濃い色は変りません)。


osusume
ナットボタンはスーツ、ジャケット、コートに使われることが多いですが、オススメはシャツに使用。10mm、11.5mm、13mmの小さいサイズのナットボタンをカジュアルシャツにつけます。オックスやダンガリーなど厚手の生地のシャツにオススメ。色は自然のナットカラーであるアイボリーをそのままで。貝ボタンにはない魅力を発揮します!

ng
ナットボタンは後染めのボタンですので、色落ちの可能性があります。薄い色の生地に濃い色のボタンを使用するのは避けてください。